保有技術・製品情報

情報バス信号変換器

【製品イメージ】情報バス信号変換器

潜水調査船の耐圧殻内に装備され、各種センサー等から入力される信号を船内CANバスへ出力する装置です。
小型かつ同一形状で多様なインターフェースに対応できるため、装備スペースの削減に寄与します。

特徴

  • 5cm 角/100g の超小型/軽量設計
  • モジュール構造のソフトウェアによる拡張性
  • 筐体形状、接続コネクタ等カスタマイズ可能

標準仕様

制御出力 船内CAN バス出力
インターフェース RS232C⇒CAN バス変換
RS232C(10mA カレントループ)⇒CAN バス変換
アナログ(4~20mA)⇒CAN バス変換
接点⇒CAN バス変換
☆接続機器及びデータフォーマットの変更にはソフトウェアにて対応可能
入力電源 DC24V
消費電力 2W以下
使用環境 作動温度範囲 -0~+40°C
非作動温度範囲 -10~+50°C
湿度範囲:35~96%RH
寸法・質量 50(W)×50(D)×20(H)mm、100g以下
EMI JIS F 0808 ファストトランジェント/バースト試験適合

※詳細仕様については別途お問い合わせください。

ご用命・お問い合わせは当社営業本部まで
関東航空計器株式会社
〒251-0875 神奈川県藤沢市本藤沢2丁目3番18号
TEL:0466-81-3311(代) FAX:0466-83-7958

ページの先頭へ戻る