保有技術・製品情報

汎用信号処理器

【製品イメージ】汎用信号処理器

リアルタイム(RT)OS上で作動するユーザー作成のソフトウェアにより、航空機システムバスと接続機器とのインターフェースを行う信号処理器です。処理器外部に記録器及び着脱メモリを接続可能です。
豊富なインターフェースを有し、様々な用途に柔軟に対応可能な装置です。

特徴

  • 多様なインターフェースに対応可能
  • 冗長システムによる高信頼性
  • 筐体形状、各種入出力信号、接続コネクタ、冗長構成及び記録容量等カスタマイズ可能
  • 処理器から外部記録にEthernet経由でデータ転送

標準仕様

各種通信インターフェース 1553B/ARINC429/Ethernet他
アナログ信号入力 AC/DC/周波数/シンクロ/振動センサー/位相センサー他
ディスクリート信号入出力 28VDC/OPEN/GND他
機内外警報アナウンス 音声合成回路内蔵(記録音声は外部から変更可能)
オーディオ出力
オペレーションソフトウェア RTOS(VxWorks)搭載及びBSP提供可能
ユーザーによるオペレーションソフトウェア開発可能
高信頼性設計 複数台の信号処理器で相互情報を共有することにより、冗長システムを構築可能
着脱メモリ記録容量 標準64GB
入力電源 +28VDC(MIL-STD-704)
消費電力 75W以下
使用環境 MIL-HDBK-5400 Class 1B
寸法・質量 処理器:120(W)×300(D)×195(H)mm、7.5kg以下
記録器:150(W)×150(D)×30(H)mm、0.6kg以下
着脱メモリ:100(W)×150(D)×20(H)mm、0.4kg以下
EMI MIL-STD-461

※詳細仕様については別途お問い合わせください。

ご用命・お問い合わせは当社営業本部まで
関東航空計器株式会社
〒251-0875 神奈川県藤沢市本藤沢2丁目3番18号
TEL:0466-81-3311(代) FAX:0466-83-7958

ページの先頭へ戻る