保有技術・製品情報

補助動力制御装置

【製品イメージ】補助動力制御装置

航空機からの各種アナログ/ディスクリート信号を監視しエンジン始動に関連する各種バルブ等を制御する装置です。
動作シーケンスはソフトウェア設定により自由に変更可能であり、また動作状態は外部PC(RS-422通信)によりリアルタイムモニタが可能です。

特徴

  • 多様なインターフェース(各種バス、アナログ、ディスクリート)に対応可能
  • 冗長システムによる高信頼性
  • 筐体形状、各種入出力信号、接続コネクタ、冗長構成等カスタマイズ可能

標準仕様

各種通信インターフェース 1553B/RS-422他
アナログ信号入力 DC電圧/DC電流/周波数他
ディスクリート信号入出力 28VDC/OPEN/GND他
高信頼性設計 内部回路を2系統有する冗長機能
入力電源 +28VDC(MIL-STD-704)
消費電力 50W以下
使用環境 MIL-HDBK-5400 Class 1
寸法・質量 300(W)×100(D)×120(H)mm、3.0kg以下
EMI MIL-STD-461

※詳細仕様については別途お問い合わせください。

ご用命・お問い合わせは当社営業本部まで
関東航空計器株式会社
〒251-0875 神奈川県藤沢市本藤沢2丁目3番18号
TEL:0466-81-3311(代) FAX:0466-83-7958

ページの先頭へ戻る